MENU
092-833-8151

施術のご案内

人体の構成の基本は、細胞、血液、骨から成立しています。

AST気功の施療の気

  1. 細胞の病気に働きかける気
  2. 骨、関節の病気に働きかける気
  3. 血液の病気に働きかける気
  4. 薬害、全身の病気に働きかける気
  5. 神経(自律神経など)の病気に働きかける気
  6. 精神の病気に働きかける気
  7. リンパにかける気
  8. 身体のさまざまな機能にかける気
    ・痛みを止める
    ・血流を良くする
    ・運動の働きを良くする
    ・内蔵の働きを活発にする

AST気功の施療原則とは?

AST気功ですべての病気が100%治癒するわけではありません。
AST気功では、病気、症状によって三段階の施療効果を目標に施療します。

  1. 早期改善
    出来るだけ速やかに改善できるように目指します。
  2. 良好効果
    現在の辛い症状を緩和させ、安定させていきます。
  3. 進行停止
    進行を出来るだけ、遅くする、あるいは停止させることを目指します。

AST気功の施療の気は、細胞、骨、血液、体の機能に働きかける気の4種類の気から成り立っています。

人体に起こる病気はすべて細胞、骨、血液、各臓器や器官などの機能のいずれかに由来していることから、ASTの施療は、これら4種類の施療の気によってあらゆる病気に対してアプローチします。

AST施療を行なうにあたってのお願い

AST気功施療は原則として病院で検査、診断を受けた病名に対して気功施療を行ないます。施療後は病気が改善できたか、病院にて検査を受けて下さい。

施療の時、病院のデータがあると理解が早く進みますので、持参できる方は出来るだけご協力をお願い致します。(当院は病院で診断された病気に対して施療しますが、検査や診断はいたしません。)

施療 の時は時計・ネックレス・眼鏡等の金属類ははずしてください。 施療は、服を着たまま行ないます。衣類を脱いだり、肌に直接触れたりすることはありません。患部に白い布を置き、その上から「気」を送ります。

白い布の上から手を触れますので、御了承ください。

施術料金のご案内

50分  ¥5,000 

※施術に関することは何でもお気軽にお電話ください。

TEL 092-833-8151 完全予約制

施療のサイクルについて

病気の状態や個人差があるので何回とは言えませんが原則的に一週間に一度のペースで4~5回で改善出来るものや6ヶ月~1年かかるものもあります。症状が重い場合は施療回数を増やしたり、施療期間も長期となります。病気や症状によって施療周期を相談させて頂きます。

まずは・・・

  1. AST気功を週1回で4~5回(約1ヵ月間)受けてみる。
  2. 一ヵ月後、病気が改善されたかどうか確認
    痛みなどの場合は必ず施療前の痛みを10として、 一ヵ月後に
    いくつまで改善されたか(例えば6or5)数字で確認しましょう。
    施療終了後、必要な検査は必ず病院で受けてください。
  3. 改善もしくは、改善の兆しがあれば次の一ヶ月(4~5回)の施療を受けてみる。

内臓疾患などの長期の施療を要するものは上記のサイクルで施療を受けましょう。

●まずは詳しく現在の症状をお聞かせ下さい。

最初 に施療内容の説明を行い、症状や疑問点等を充分にお伺いした上で施療にはいらせて頂きます。 施療時間は通常50分位ですが、症状が重い場合等は施療回数や施療時間を検討していきます。

●施療は主に直接患部に対して行ないます。

疾患部の上に手を置き、患者さんの体の表面から真下にプラスの気を送ります。殆どの患者さんが自然と眠ってしまうほど、ソフトな施療です。

● 様々な機能に有効です。

頭頂より体の内部に気を通し、疾患部を施療する技法です。
例えば患部の血流を上げ、筋力を上げることにより細胞を活性化させていきます。

●骨の調整

骨や関節に関係している疾患では骨の調整を行なうことにより施療効果を上げることができます。

患者さんの症状によって、頚椎・脊椎・腰椎・股関節・肩関節それぞれに調整の技法があります。例えば脊椎調整は腰椎の可動性を利用しながら脊椎の上から力をいれずにソフトに気を送っていきます。

これは主に脊椎・頚椎の骨が正常よりも出たり引っ込んだりしている状態を調整する技術です。側湾症・脊椎分離症等に効果が期待できます。